So-net無料ブログ作成

「ヤケかと思ったが、殺気を感じ…」事件当時の恐怖語る目撃者 秋葉原殺傷第7回公判(産経新聞)

【秋葉原17人殺傷 第7回】(2)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)が通行人を刺していく現場を目撃した男性の証人尋問が続いている。ここで検察官は「事件当時の話はここまで」と告げた》

 《事件直後、胸を刺されていた男性に対して、止血処置をするなど、救護措置をとっていたという証人。検察官は、救護した男性に関する質問を始めた》

 検察官「あなたは救護した男性がその後、どうなったか知っていますか」

 証人「はい。知っています。亡くなってしまいました」

 検察官「それは報道か何かで知ったのですか」

 証人「はい。そうです」

 検察官「どんな気持ちになりましたか」

 証人「すごく自分の無力さを感じて…」

 《証人はそれまで、はっきりとした口調で淡々と証言していたが、自分が救護した男性の死について語り始めたとたん、言葉の端々に悔しさをにじませ始めた》

 検察官「どうして、そういう気持ちになったのですか」

 証人「倒れている人を助けられず…。もっと早く(犯人を)止めに入れたんじゃないかと後悔しています」

 検察官「犯人に対してはどういう気持ちですか」

 証人「すごく憤りを感じています。ほかにも倒れている人がたくさんいて…。自分自身もすごく精神的に辛くて、犯人に対しては、すべて明らかにしてもらって、極刑を望みます」

 《加藤被告への怒りを一気に述べた証人。加藤被告は相変わらず背中を丸め、表情を変えず目の前の長机に置いてあるノートを見つめ続けている》

 《ここから検察官は、事件当時の現場写真を証人に示し、一つ一つ確認を取り始めた。加藤被告は、おもむろに目の前のノートを開き、後ろに座る女性弁護人にノートを示しながら一言二言問いかけている。女性弁護人から何か言われ、納得したようだ》

 検察官「甲135号証添付の写真の写しを示します。地面に倒れている男性に見覚えはありますか」

 証人「あります。私が救護活動した男性です」

 《遮蔽(しゃへい)用の衝立で傍聴席からは見えないが、検察官は次々と現場写真を示し、確認を取っていく》

 検察官「最後に甲132号証添付の写真の写しを示します。こちらの写真には傷口が写っていますが、見覚えがありますか」

 証人「あります」

 検察官「検察官からの質問は以上です」

 《村山浩昭裁判長が「弁護人の方どうぞ」と告げ、弁護人質問に移った。弁護人は事件発生直後の様子から質問していく》

 弁護人「食事をした後、(事件直前に)友人と北の方から(現場の交差点を)渡っていたということですね」

 証人「そうです」

 弁護人「北からどう渡ったんですか」

 証人「歩行者天国になっていたので、中央を2人で渡っていました」

 弁護人「信号は青だったんですか」

 証人「そうです。最後に青と確認してから渡りました」

 弁護人「交差点で気付いたことはありますか」

 証人「マル2の地点に車がありました」

 《証人は法廷の両サイドに設置された大型モニターに映し出された現場の見取り図を、ボールペンで指し示しながら証言する》

 弁護人「どういった車ですか」

 証人「ワゴン車みたいな車です」

 弁護人「交差点を渡り終えたところで、衝突する音を聞いたということですね?」

 証人「はい。そうです」

 《ここで村山裁判長が「ちょっと待ってください」と質問を遮った。書記官が交代したようだ》

 弁護人「(衝突する音が聞こえた後)交差点に近づいて、2人が倒れているのを見たということですね?」

 証人「はい」

 弁護人「その後、犯人が走ってくるのを見たということですが、横断歩道がある手前から見たのですか、それとも途中から?」

 証人「途中だったと思います」

 弁護人「犯人は声を上げていたということですが、どう思いましたか」

 証人「最初はすごいヤケになっているのかと思いましたが、聞いているうちに殺気を帯びているように感じました」

 弁護人「犯人の表情を見ましたか」

 証人「見ました。目が血走っているように見えました」

 《それまで身じろぎもしなかった加藤被告は、鼻を少しかくようなしぐさを見せた。弁護人はパニック状態に陥った事件現場の情景について確認していく》

 弁護人「警察官の方にぶつかるまでのことですが、別の方にぶつかったりしたのを見たことはないですか」

 証人「はい」

 弁護人「見ていたのは(見取り図に記された)『い』の地点ですか」

 証人「このときは少し後ろに下がっていました。『い』より少し後ろ…」

 弁護人「周りの様子はどうでしたか」

 証人「クモの子を散らすように逃げていきました」

 弁護人「ご自身以外に見ていた人はいますか」

 証人「はい」

 弁護人「どのくらいの人が見ていましたか」

 証人「そこまでは分かりません」

 弁護人「先頭で見ていたのですか。前にいたと?」

 証人「自分は先頭の方にいました」

 弁護人「前に人はいましたか」

 証人「ほとんどいなかったと思います」

 《ここで、弁護人の質問が終了した。加藤被告は、目の前のノートを開き、はさんであったA4大の一枚紙を開いて目を通した以外は、表情を変えず一点を見つめたままだ》

 =(3)に続く

【関連記事】
(1)「犯人は『アー』と叫び走っていった」証人 加藤被告がメモ 秋葉原殺傷第7回公判ライブ
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
秋葉原殺傷初公判 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪

自民の水野賢一氏が離党届を提出 参院選出馬に前向き(産経新聞)
国分寺の路上遺体 殺人容疑で新たに1人逮捕(産経新聞)
<道交法違反>138キロ速度超過の男に懲役4月求刑 動画サイト投稿で発覚(毎日新聞)
パナソニック、7V型液晶搭載を初採用した新ストラーダポケット5機種を発売
東京でも和解成立 自立支援法訴訟が終結(産経新聞)

開成山野球場リニューアルオープン=福島県郡山市〔地域〕(時事通信)

 福島県郡山市の開成山野球場がリニューアルされ、18日にオープンセレモニーが行われた。新野球場は「青少年の夢が舞う 開成山ベースボールパーク」を基本コンセプトに、公園と一体空間を形成。市の新たなランドマークとなる大屋根スタンドを整備して、災害時の避難拠点施設としての機能を併せ持っている。リニューアルの総費用は23億円。国のまちづくり交付金を7億4000万円活用、市民からの募金等寄付金が6億円。残りを市の一般財源としている。
 セレモニーでは原市長が同野球場の歴史を語りあいさつ。プロ野球解説者で郡山市フロンティア大使の中畑清さん(元巨人選手、福島県矢吹町出身)も参加して始球式を行った。
 21日にはこけら落としに、20年ぶりとなるプロ野球一軍公式戦、パ・リーグ楽天−ロッテ戦が行われる。 

<参院選>ネット選挙解禁に向け協議機関設置 与野党一致(毎日新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
<トキ>ペア1組「抱卵」放棄か 新潟・佐渡(毎日新聞)
和牛3頭、口蹄疫に感染=国内で10年ぶり−宮崎県(時事通信)
山崎飛行士 優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)

岡部まり氏「国民の秘書になる」…正式に参院選出馬表明(スポーツ報知)

 民主党は14日、大阪市内で記者会見を行い、今夏の参院大阪選挙区(改選数3)の2人目の候補者として、朝日放送「探偵!ナイトスクープ」で秘書役のタレント・岡部まり氏(50)の擁立を発表した。岡部氏は「お一人お一人の依頼をいただき、みんなで喜びあった番組。今度は私が、皆さんの願いをかなえていきたい」と、国民の“秘書役”に意欲を見せた。

 大阪選挙区で複数の候補者擁立を目指した民主党は、現職・尾立源幸氏(46)のほか、無党派層を取り込める女性著名人を探していた。今年に入り小沢一郎幹事長(67)から熱烈オファーを受けた岡部氏は、「―ナイトスクープ」で局長役の俳優・西田敏行(62)にも相談。「体力とやる気があれば、いい機会だ」と背中を押されたといい「日本の国をより良くしたいという人たちとともに政治参加することが大事と考え、決断しました。人生でこんなに大変な決意はなかった」と、時折涙も浮かべた。

 「―ナイトスクープ」は、関西地区で常に20%前後の高視聴率を誇る超人気番組。会見で岡部氏は、落選すれば番組に復帰するのかと問われ「喜んで」と返答。同席した小沢幹事長が苦笑いする一幕もあったが、同幹事長は「岡部さんは20年以上にわたって府民に愛された方。幅広いご支援ご支持をいただける最高の候補者」と、その人気と知名度に信頼を寄せた。

 ◆ナイトスクープ紹介欄から削除 〇…岡部氏が秘書役で出演していた「探偵!ナイトスクープ」を放送する朝日放送ではこの日、番組ホームページから岡部氏の紹介欄を削除した。番組のオープニング映像も、登場部分をカットする。岡部氏不在で収録済みの5月7日放送分(関西地区)までは、探偵役のタレントが代役を務めている。

 【関連記事】
岡部まり氏「民主党のマニフェスト実現に向け決意」…参院選出馬会見
岡部まり出馬14日に正式決定…民主から今夏参院選
民主党が参院選で岡部まり氏を擁立へ
「探偵!―」収録キャンセル、岡部まり参院選出馬へ

日本人の「空港難民」1万人 苦難をツイッターで実況(J-CASTニュース)
高速道の新上限料金制 与党委員長が法案反対 小沢氏プッシュ(産経新聞)
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上−福岡(時事通信)
にぎり千貫できる?明石でも珍しい巨大ヒラメ(読売新聞)
<自民>小池参院議員が離党…野党転落後、国会議員11人目(毎日新聞)

雑記帳 うれしいな、さっちゃん JR船橋駅(毎日新聞)

 千葉県船橋市のJR船橋駅に12日、募金箱もあるブロンズ像「さざんかさっちゃん」が帰ってきた。昨年10月から5回も、心ない人に破壊され浄財を盗まれた募金箱を修復し、再除幕された。

 市の木サザンカをイメージして30年前に設置、背面の募金箱は約500万円を集め児童福祉に役立てられた。バールでこじ開けられたり、補修用テープをはがされるなどの被害に遭い3月から修理していた。

 募金活動の推進団体が100万円を投じ、鍵を二重に付けるなどの防止策を取って再公開。だが善意の心にまで鍵をかけられることはなく、早速寄付をする人も。うれしいな、さっちゃん。【橋本利昭】

最長3年、「日雇い」是正=省庁勤務の非常勤職員−政府(時事通信)
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑−警視庁(時事通信)
<酒気帯び>神奈川県議が追突、逮捕(毎日新聞)
三菱鉛筆がこすると消せるボールペン、一定の温度で消えるインク使用。
自民、選挙運動のネット解禁へ公選法改正案(読売新聞)

民主支持層も鳩山離れ、参院選投票も目減り(読売新聞)

 読売新聞社の全国世論調査(電話方式)で、昨年9月の発足当初75%を記録した鳩山内閣の支持率が33%にまで落ち込んだ要因としては、「支持政党なし」の無党派層や民主支持層でも、「鳩山離れ」が進んでいることが大きい。

 内閣支持率は幅広い層で下落している。女性の支持率は29%で、比較的高かった男性も初めて40%を割る37%となった。発足当初80%以上が支持した20歳代は今回、36%に低下した。特に無党派層では、発足当初は60%が支持していたが、今回は19%。頼みの民主支持層でも、内閣支持率は81%(前回3月90%)に下落し、初めて9割を切った。

 民主党の支持率も、昨年9月の51%から今回は24%に下がった。民主党支持が激減し、さらに支持層の離反も進むという事態に陥っている。鳩山首相が5月末までに決着させると明言している普天間問題では、民主支持層の中でも、決着しない場合、「(首相は)退陣する必要はない」が65%を占めたが、「退陣すべきだ」も30%に達した。

 一方、今夏の参院選での投票先を見ると、民主党は1月定例調査の35%から22%(前回25%)に目減りした。民主党にとって救いは、自民党の低迷が続いていることだ。

<紛失>筋弛緩剤10ミリグラム入りの瓶 大阪の市立病院(毎日新聞)
25年以降 「子ども手当」半額継続なら 増収は2割程度 (産経新聞)
邦夫氏の不参加確認 平沼氏、新党結成で(産経新聞)
のり食べる生活に適応=日本人の腸内細菌群−消化遺伝子取り込む・仏大学(時事通信)
インスリン投与容疑の京大病院看護師、精神鑑定へ(産経新聞)

<傷害容疑>受験会場で隣席の受験生に暴行、少年逮捕 福岡(毎日新聞)

 福岡県警八幡西署は5日、高校入試の受験会場で隣席の受験生にけがをさせたとして北九州市八幡西区の無職の少年(16)を傷害容疑で逮捕した。「バカなことをした。短気過ぎた」と容疑を認めているという。

 容疑は先月24日午前10時40分ごろ、同市内の県立高校定時制2次募集の受験会場で、隣席だった当時中学生の男子生徒(15)を足でけったり殴るなどして全治5日間のけがをさせたとしている。

 調べでは、国語の試験終了後の休憩中、少年は男子生徒に「何見よるか」と言われて激高し殴りかかったという。教員らが仲裁に入ると、少年は男子生徒に靴を投げつけて会場から立ち去った。この騒ぎで、次の試験開始が約15分遅れたという。

 少年は中学を昨春卒業し、とび職などに従事。「学校に行きたい」と一念発起して受験したが、教室には戻らず不合格となった。一方、男子生徒は全3科目とも試験に臨み合格したという。【長谷川容子】

【関連ニュース】
受験と私:「受験は通過点。大事なのは次のステージでどう生きるか」笠原健治(ミクシィ社長)
受験の危機管理

車火災 幼い姉弟4人死亡 駐車中の車燃え 北海道(毎日新聞)
若林氏議員辞職願提出 参院本会議での代理投票問題の責任をとって(産経新聞)
警察官装い運転免許証詐取=45歳男逮捕、「50件やった」−警視庁(時事通信)
<名古屋市臨時会>19日招集 定数維持、報酬半減案調整も(毎日新聞)
臓器提供の意思 運転免許に記載 警察庁改正案(産経新聞)

暴行で2歳男児死亡 母親と同居の19歳少年逮捕(産経新聞)

 同居している女性の長男(2)に暴行したとして、大阪府警門真署は28日、傷害の疑いで、門真市上島町の無職少年(19)を逮捕した。長男は同日午後、治療を受けていた病院で死亡。門真署は遺体を司法解剖し、殺人容疑を視野に少年を調べる。門真署によると、少年は「夜中に突然泣き出してうるさいと思い、胸を拳骨で3回殴り、頭を壁に打ち付けた」と供述しているという。

 逮捕容疑は、3月17日〜28日ごろ、同居している飲食店従業員の女性(19)の長男を繰り返しなぐるなどし、全身打撲のけがをさせたとしている。

 門真署によると、少年は28日未明、ぐったりしている長男を連れ自宅近くの小児科を訪問。すでに重体だったため救命病院へ搬送されたが、同日午後3時半ごろ死亡した。

 長男は頭と顔、胸にアザがあった。死因は全身打撲と急性硬膜下血腫とみられる。

 少年は昨年7月から女性と長男と3人で暮らしていた。調べに対し、「最初はかわいがっていたがなついてくれないので腹が立ち、秋ごろから女性が仕事に出かけている夜に殴っていた」と供述している。

【関連記事】
女児虐待死、継母を傷害致死容疑で再逮捕「黙秘します」
生徒に「常軌逸した」暴行の法政高2教諭を懲戒解雇処分
殴るける、つまようじで刺す… 法政高校の教諭を異常な体罰に走らせた理由は? 
「目があった」中2が高校生を暴行、1カ月の重傷負わす
法政高教諭が「常軌逸した」暴行 殴るける、正座で頭から水
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<元妻刺殺>復縁断られ…元夫を殺人未遂容疑で逮捕 三重(毎日新聞)
NTT再編論議が本格化=光回線敷設会社の分離案も(時事通信)
妊娠装って交際相手から中絶費用だましとる 21歳の女逮捕(産経新聞)
NOx26%削減も=自動車課金制度導入で−環境省検討会(時事通信)
<訃報>金澤魯水さん85歳=毎日書道展参与会員(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。